くまさんのボードゲーム日記

くまさんのボードゲーム日記

ボードゲームのルールやレビューをゆる〜く紹介していくブログです

【ゲーム紹介】カタン

f:id:board_kuma:20210803170214j:plain

こんにちは!白井くまです!
今回は『カタン』を紹介したいと思います!

そもそもカタンとは… 

未開の島『カタン島』に辿りついた開拓者となり、島を開拓していくゲームです。

 

プレイヤーは最も早く開拓を進め、カタン島の支配者になることを目指します。

カタンのゲーム情報
プレイ人数 3〜4人
プレイ時間 60分
対象年齢 8歳以上
デザイナー Klaus Teuber

 ゲームの準備

場の準備していきます。

※4人プレイ時

f:id:board_kuma:20210803170303j:plain

 

各プレイヤーの準備

※赤色のプレイヤー

f:id:board_kuma:20210803170324j:plain

初期配置がとても大事だよ

ゲームの簡単な流れ

手番では2つのフェイズを順番に行います。

①産出フェイズ
サイコロを2つ振る。
各プレイヤーは出た目の合計の数字の地形タイルに自分の『開拓地』や『都市』があれば、地形タイルに対応する資源カードを受け取る。
  • 開拓地:資源カード1枚
  • 都市 :資源カード2枚
ダイスが『7』の時は盗賊駒の処理を行う。
②アクションフェイズ
手番の人は下記のアクションを可能な限り何回でも行える。
発展カードの使用のみ1手番に1度。
  • 交換:資源カードを銀行または他の人と交換する
  • 建設:街道・開拓地・都市を建設する
  • 発展:発展カードの購入や使用をする

ゲームが終了するまでラウンドを繰り返します。 

発展カードにはゲームが有利になるカードがたくさんあるよ

港に開拓地や都市があれば、資源交換がお得にできるのでうまく活用しよう!

ゲームの終了と勝利

自分の『開拓地・都市』、『ボーナスカード』、『ポイントカード』の合計が10ポイント以上になったプレイヤーは自分のターンに勝利宣言ができます。

勝利宣言をしたプレイヤーが勝ち、ゲームが終了します。

ギャラリー

f:id:board_kuma:20210803170446j:plain 山に盗賊現る
 
f:id:board_kuma:20210803170446j:plain 必要資材は集まった
 
f:id:board_kuma:20210803170501j:plain 港町の完成

感想

パッと見た感じだと難しそうに見えるカタンですが、意外とルールはシンプルです!

それでいて、内容は奥深いゲームだと思います!

 

プレイヤーは自分の領土を広げていくのですが、資源が足りないことがあります!

その時は他のプレイヤーと交渉して交換することが出来ます!

この交渉が難しくもあり楽しい要素です!

ちょうどWin-Winの関係になるようなところを見定めたり、恩を売るために少し多く出したり...とプレイヤーによって交渉の仕方を変えたりするのも楽しいです!

 

初めて遊ぶ人と経験者では差が出やすいゲームですが、開拓していくにつれて出来上がる盤面のわちゃわちゃ感が楽しいので是非遊んでみてください!

購入情報

最後まで読んでいただきありがとうございます!

【ゲーム紹介】街コロ通

f:id:board_kuma:20210802193717j:plain

こんにちは!白井くまです!
今回は『街コロ通』を紹介したいと思います!

そもそも街コロ通とは… 

とある企業のオーナーとなって街にコンビニやカフェなど様々な施設を選んで建てていき、より多くのコインをもらえるようにしていくゲームです。

 

プレイヤーは最も早く3つのランドマークを建てていくことを目指します。

 

『街コロ』との違い
  • 施設とランドマークがそれぞれ20種類
  • 施設とランドマークをそれぞれランダムに並べる
  • ゲーム初期からのダイス2個振りを選べる
  • 初期施設を選択して建設する
  • 最大プレイ人数5人
街コロ通のゲーム情報
プレイ人数 2~5人
プレイ時間 45分
対象年齢 10歳以上
デザイナー 菅沼正夫

ゲームの準備

場と各プレイヤーの準備していきます。

※2人プレイ時

f:id:board_kuma:20210802193740j:plain

ゲームの簡単な流れ

手番では2つの手順を順番に行います。

①ダイスを振る
ダイスを1個または2個振る。
出た目の合計と一致した施設の効果が発生する。
②施設・ランドマークの建設
新たな施設かランドマークを1つ建設出来る。

施設の建設前に所持コインが0の場合は銀行から1コインもらえるよ

ランドマークは全員に効果があるものが多いから慎重に選ぼう!

ゲームの終了と勝利

3つ目のランドマークを建設した人がいた場合、ゲームが終了します。

3つ目のランドマークを建設した人の勝ちです。

ギャラリー

様々な施設やランドマークがある
 
施設からコインを獲得できる
 
全てはダイス次第…!

感想

『街コロ』のリメイク版となっており、プレイ人数など様々な点が変わっていてとても遊びやすくなっています!

 

魅力的な施設やランドマークがたくさんあるので、自分の好きな施設を建てても楽しいです!

逆に慣れてくると効率的な施設を建てていくこともできるので何度も遊べます!

また、作った施設は他の人が振ったダイスの出目でも効果が発動したりするのが楽しいです! 

 

ルールがとても簡単で分かりやすいです!

また、運の要素が多いので慣れてない人でも勝てたりと年代、ボドゲの経験が関係なく幅広く遊べるゲームだと思いました!

購入情報

最後まで読んでいただきありがとうございます!

【ゲーム紹介】サメマゲドン ~解き放たれた融合サメ~

f:id:board_kuma:20210801160938j:plain

こんにちは!白井くまです!
今回は『サメマゲドン ~解き放たれた融合サメ~』を紹介したいと思います!

そもそもサメマゲドン ~解き放たれた融合サメ~とは… 

新進気鋭の映画監督となり過去の様々なサメ映画で使用したセットを組み合わせて革新的なサメ映画を作る対戦カードゲームです。

 

プレイヤーは融合サメによる『サメマゲドン』を起こし、より多くの敵を倒して壮大なサメ映画を作成することを目指します。

サメマゲドン ~解き放たれた融合サメ~のゲーム情報
プレイ人数 2~6人
プレイ時間 10~15分
対象年齢 10歳以上
デザイナー Azb.Studio

ゲームの準備

 場と各プレイヤーの準備していきます。

f:id:board_kuma:20210801160956j:plain

ゲームの簡単な流れ

手番では下記のアクションの組み合わせをどれか好きな順番で行います。

  • カードを引く×3回
  • カードを引く×2回、サメカードを場に出す×1回
  • カードを引く×1回、サメカードを場に出す×2回
  •  サメマゲドンを発動する
①カードを引く
山札からカードを1枚引く。
それが『エネミーカード』だった場合、該当の場所に裏向きで置き、追加でカードを1枚引く。
②サメカードを場に出す
手札のサメカードを1枚、以下のルールに従って場に出す。
また、場に出したサメには全て尻尾カードをつける。
  • 頭カード :単体で場に出すことができる
  • 胴体カード:頭カードと尻尾カードの間に出す
③サメマゲドンを発動する
属性を宣言して発動し、対応する属性の全てのサメはバトルに参加する。
サメの攻撃力とエネミカードの攻撃力を比べ勝敗を決める。

サメとエネミーの攻撃力が同じ場合はサメが勝つよ

胴体カードは複数枚連結できるのでどんどん連結してサメの攻撃力をあげておこう!

ゲームの終了と勝利

山札からカードが無くなったらゲームが終了します。

エネミーカードの点数の合計が高い人の勝ちです。

ギャラリー

手札を確認していざゲームスタート
 
エネミーとの勝負勃発
 
融合サメ『マグロマグロマグロ』の完成

感想

『最強の融合サメを作り出せ!』という言葉に惹かれました!

勝つために強いサメを作るか、それとも面白い名前のサメを作るか...と自分の中で葛藤が起きて面白かったです!

 

個性豊かなサメの頭(?)やかっこいい名前の胴体(?)、そして尻尾はマグロ(?)とカオスすぎるのにめちゃくちゃ強い展開になったりして笑いました!

あと、意図せず面白いサメが出来たりするのが楽しすぎました!

 

誰よりも強いサメを作らなきゃいけないという明確な目的もあるのでネタ系が苦手な人でも純粋に楽しめると思います!

多人数で大笑いしながら遊びたいゲームです!

購入情報

最後まで読んでいただきありがとうございます!

【ゲーム紹介】CALICO

f:id:board_kuma:20210731003935j:plain

こんにちは!白井くまです!
今回は『CALICO』を紹介したいと思います!

そもそもCALICOとは… 

さまざまな色と絵柄のパッチタイルを自分のキルトボードに配置して、より心地よいキルトを縫うことを競うタイル配置ゲームです。

 

プレイヤーはパッチタイルを配置して他の人より得点をたくさん取ることを目指します。

CALICOのゲーム情報
プレイ人数 1〜4人
プレイ時間 30〜45分
対象年齢 13歳以上
デザイナー

Dylan Mangini、Kevin Russ

ゲームの準備

 場の準備していきます。

f:id:board_kuma:20210731004004j:plain

次に各プレイヤーの準備をしていきます。

f:id:board_kuma:20210731004043j:plain

ゲームの簡単な流れ

手番では2つの手順を順番に行います。

①パッチタイルの配置
手札のパッチタイル2枚から1枚選んでキルトボードの空きスペースに配置する。
②パッチタイルの補充
パッチタイルをタイル市場の3枚から1枚選んで手札に加える。
その後、パッチタイル1枚をタイル市場に補充する。

 

指定のパッチタイルの柄と並び順が合うと猫たちがやってくるよ

 

キルトボードの最初から存在しているタイルの色や絵柄も合わせることが出来るため、上手く活用することが大切!

ゲームの終了と勝利

全員のキルトボードがパッチタイルで埋めつくされるとゲームが終了します。

最も得点を獲得した人の勝ちです。

ギャラリー

いよいよキルトを縫い始め
 
埋まるとカラフルで綺麗
 
キルトを縫うと猫がやって来るかも

感想

パッケージが猫で可愛いです!猫好きにはたまらないですね!

 

自分の番でやることはとても簡単ですが、かなり悩みどころが多くて面白いです!

なにより、キルトの種類が豊富でどこにどの色・柄のキルトを縫うかめちゃくちゃ悩みます!

また、ゲームが進むにつれて徐々に出来上がっていく自分のボードを眺めているのも楽しいです!

 

可愛い見た目とは裏腹に悩みどころや考え所も多く、やりごたえのあるゲームでした!

個人的にめちゃくちゃ好きです!

近々、日本語版も発売されるようなので気になった方は是非遊んでみてください!

購入情報

【ゲーム紹介】セブンクォーツ

 f:id:board_kuma:20210729143519j:plain

こんにちは!白井くまです!
今回は『セブンクォーツ』を紹介したいと思います!

そもそもセブンクォーツとは… 

魔石山脈の覇権争いを行う魔術師となり、対峙する魔術師と戦う2人用の心理系の対戦カードゲームです。

プレイヤーは魔石を集めて魔術を放ち、魔石山脈の覇者になることを目指します。

セブンクォーツのゲーム情報
プレイ人数 2人
プレイ時間 10分
対象年齢 12歳以上
デザイナー Minori

ゲームの準備

場と各プレイヤーの準備をしていきます。

 f:id:board_kuma:20210729143540j:plain

ゲームの簡単な流れ

ラウンドでは3つのフェイズを順番に行います。

①準備フェイズ

共通の場と自分の場にカードを準備する。

②手番フェイズ

手番の人は、共通の場山札からカードを1枚獲得する。

この時、スキルが使用可能であればスキルを発動できる。

③勝負判定フェイズ

獲得した数字カードの合計値が『7』に近い人が勝つ。

獲得した数字カードを魔石に変換する。

ゲームが終了するまでラウンドを繰り返します。

共通の場からカードを獲得するときは左端右端のどちらかを選ぶよ 

時には一か八かの賭けにでることも大切だったりする!

ゲームの終了と勝利

2つの条件のうち、どちらかを満たした瞬間にゲームが終了します。

  • 自分か敵のライフが0になる
  • 山札と捨て札が尽き、準備フェイズが完了できない

ゲーム終了時に残りのライフが少ない人の勝ちです。

ギャラリー

チュートリアルがあり専用キャラクターがいる
 
魔石の奪い合い
 
個人的に好きな『洋牧師』

感想

ブラックジャックをより手軽にしたプレイ感で駆け引きなどの心理戦があり、とても面白いです!

 

お互いに1枚ずつ数字が分からないカードがある為、運要素は強めなのかと思いましたが、カードの数字が分からないからこそより一層心理戦が引き立っていると感じました!

そして、キャラクターには固有のスキルがあるので戦略の幅があって考えるのが楽しいです!

 

また、ボードゲームには珍しくチュートリアルがあるためゲームに慣れていない人にも親切です!

1プレイも短時間で終わる為、「もう一回!」となりやすいと思います!

 

購入情報

最後まで読んでいただきありがとうございます!

【ゲーム紹介】カルタマリナ

f:id:board_kuma:20210728224048j:plain

こんにちは!白井くまです!
今回は『カルタマリナ』を紹介したいと思います!

そもそもカルタマリナとは… 

プレイヤーは海賊船カルタマリナ号のクルーとなり、クラーケンの脅威を受けながらも船の舵を取っていく2人用の協力ゲームです。

プレイヤーは船が沈没する前に目的の島に到達することを目指します。

カルタマリナのゲーム情報
プレイ人数 1~2人
プレイ時間 30分
対象年齢 10歳以上
デザイナー YUTRIO

 

リプレイ記事はこちら 

board-kuma.hatenablog.com

 

ゲームの準備

場と各プレイヤーの準備をしていきます。

f:id:board_kuma:20210728223407j:plain

ゲームの簡単な流れ

手番では2つのフェイズを順番に行います。

①アクションフェイズ

手番のプレイヤーは5つのアクションから3つ選んで実行する。

<アクション>

  • 操舵:カードを使用して船を動かす。 

  • 排水:カードを使用して水を排水する。 

  • 移動:自分の駒を隣のエリアに動かす。 

  • 受渡:仲間とカードの受け渡しを行う。 

  • 拾得:山札からカードを2枚引く

②ドローフェイズ

手番のプレイヤーは、2枚4枚を選択して山札から1枚ずつカードを引く。

この時、『大波・浸水カードを引く』または『山札が無くなった』場合、クラーケンの攻撃処理を行う。

カードは必ず引いた順番を変えずに表向きに公開するよ 

満水状態となった瞬間にそのエリアにプレイヤーがいた場合、即ゲームオーバーなので損壊状態のエリアや他の満水状態のエリアの状況をよく見ることが大切!

ゲームの終了と勝利

5つの条件のうち、いずれかを満たした瞬間にゲームが終了します。

そしてその条件によりプレイヤーたちの勝敗が決まります。

勝利条件


  • 船コマが目的地に到達する

敗北条件


  • いずれかの4つのエリアが満水状態になる

  • すべてのエリアが損壊または満水状態になる

  • 海賊コマがあるエリアが満水状態となる

  • すべての海賊コマが操舵エリアに移動できなくなる

ギャラリー

突如クラーケンに襲われる

 

満水になりながらも目的地へ

 

個性的なキャラクターたち

感想

何と言ってもアートワークと世界観が個人的にとても好みです◎

またゲーム性も世界観とマッチしていて没入感がとてつもないです!

 

ゲーム自体の難易度はちょうど良くて常にハラハラドキドキしながらプレイすることができ、クリアすると達成感がかなり味わえます!

本当に沈没寸前の船に乗っているかのようでした!

 

前作のTWO ROOMS同様に今作でもストーリーブックもあるので、より一層ゲームの世界感に浸れるようになっているなと感じました!

想像よりプレイ時間も短く何度でもリベンジしたくなる、個人的にめっちゃ好きなゲームです!

購入情報

最後まで読んでいただきありがとうございます!

【ゲーム紹介】三つ星動物園

f:id:board_kuma:20210524202005j:plain

こんにちは!白井くまです!
今回は『三つ星動物園』を紹介したいと思います!

そもそも三つ星動物園とは… 

動物園の経営者となって色々な種類の動物を自分の動物園に迎え入れて、収入を増やしながら理想の動物園を作っていく拡大再生産ゲームです。

 

プレイヤーは人気の動物園の証である「星」を3つ集めることを目指します。

三つ星動物園のゲーム情報
プレイ人数 2〜4人
プレイ時間 30〜60分
対象年齢 8歳以上
デザイナー Might Games
公式のルール説明はこちら

ゲームの準備

 場と各プレイヤーの準備していきます。

f:id:board_kuma:20210524202025j:plain

ゲームの簡単な流れ

手番では3つの手順を順番に行います。

さいころを振る
手番のプレイヤーはさいころ1個2個振る。
②収入フェイズ
サイコロの出目と同じ数字の自分のオリにいる動物の効果を発動する。
③購入フェイズ
手番のプレイヤーは、動物チャンスカードの3種類を1つずつ購入できる。

全プレイヤーの手番が終わったら次の季節になります。

維持コストのある動物がいたら冬の季節が終わった時に維持コストを支払うよ

これをゲームが終了するまで各プレイヤーが順番に行っていきます。 

ゾウやキリンは肉食であるライオンと同じオリで飼うことができなかったり、逆に草食動物同しは同じオリで飼うことができたりと動物の配置には制限がある

ゲームの終了と勝利

各季節が終わったタイミングで星を3つ獲得していたプレイヤーがいた場合、ゲームが終了します。

星を3つ獲得していたプレイヤーの勝ちです。

ギャラリー

お迎えできる動物たち

 

自分の動物園

 

動物の豆知識

感想

サイコロ運はありますが、どの動物をどのオリで飼うかなど考えどころもあるゲームです!

サファリパークにするか、触れ合い動物園にするかなど自分の理想の動物園を目指せるのが楽しいです!

しかし、ただ自分の理想の動物園だけを意識すれば良いだけではなく、他のプレイヤーから「動物の交換」を迫られたりと他のプレイヤーとの接点もあるのが個人的に◎でした!

また、イラストや雰囲気なども可愛い雰囲気で個人的にとても好きです!

シンプルなルールであまりボードゲームに馴染みのない方にもおすすめできるゲームです!

購入情報

最後まで読んでいただきありがとうございます!