くまさんのボードゲーム日記

くまさんのボードゲーム日記

ボードゲームのルールやレビューをゆる〜く紹介していくブログです

【開封】秘すれば花なり

f:id:board_kuma:20200321131651j:image

こんにちは!白井くまです!
今回はセレクトパスゲームズさんの秘すれば花なりの開封したいと思います!


ゲームマーケット大阪がコロナウイルスの影響で中止となりとても残念です…。

また、ゲムマ中止で大変な状況であるにも関わらず通販をしてくださってとても有難いです!

 


それでは開封していきます!


外箱のデザイン

f:id:board_kuma:20200321131507j:image

この表箱のデザインから惹かれていました!
実際に手に取ってみてもやはり素敵です!!

f:id:board_kuma:20200321131530j:image

あと横にあるタイトルのワンポイントも好きです!

 


謡曲カード

f:id:board_kuma:20200321131557j:image

『神』カード
1番目の曲種は脇能物(わきのうもの)と呼ばれ、前半で神社の由来や神徳を語ったあと、まことの神や天女などが現れて時代の繁栄を祝うものが多いみたいです!

f:id:board_kuma:20200321131606j:image

『男』カード
2番目の曲種は修羅物(しゅらもの)と呼ばれ、源平の武者、特に戦に負けた側が主役となることが多く、修羅道に落ちて苦しむ様が語られ、合戦の模様を舞うことで再現するみたいです!

f:id:board_kuma:20200321131615j:image

『女』カード
3番目の曲種は鬘物(かづらもの)と呼ばれ、優美な女性や貴公子、天人などが主役となり、舞歌の要素を上品に表現するみたいです!

f:id:board_kuma:20200321131622j:image

『狂』カード
4番目の曲種は雑能物(ざつのうもの)と呼ばれ、曲の性格はさまざまであり、物語性に富んだ謡曲を多く含むみたいです!

f:id:board_kuma:20200321131630j:image

『鬼』カード
5番目の曲種は切能物(きりのうもの)と呼ばれ、害意を持つ鬼や天狗が相手役と闘争して敗れ去るという物語や、地獄の鬼・龍神の類が登場するなど能楽の最後の演目をさっぱりと終わるように派手な出で立ちで力強く速いテンポで舞う謡曲が多いみたいです!

得点カード

f:id:board_kuma:20200321131709j:image

得点が扇になってるの風流!

f:id:board_kuma:20200321131724j:image

「花 8点」の裏面は初手カードになってる

サマリーカード

f:id:board_kuma:20200321131732j:image

ルールが1枚のカードにまとめられているのにゴチャゴチャしてないのがすごい!!

謡曲カードとサマリーカードの裏面

f:id:board_kuma:20200321131740j:image

色の組み合わせやデザインなど細部までこだわってるのが伝わってくる!

拡張ルールカード(※裏面を撮ってます)

f:id:board_kuma:20200321131752j:image

謡曲カードやサマリーカードに比べて少しだけ大きいサイズでした!

 

能楽の世界観と和テイストのデザインがマッチしていてとても惹き込まれる作品だと思いました!

神や鬼なども出てくるのは初めて知りました!

能楽自体も深く知りたくなりました:-)