くまさんのボードゲーム日記

くまさんのボードゲーム日記

ボードゲームのルールやレビューをゆる〜く紹介していくブログです

【ゲーム紹介】モンスターハ2度倒セ

f:id:board_kuma:20200506185448j:image

こんにちは!白井くまです!
今回は『モンスターハ2度倒セ』を紹介したいと思います!

そもそもモンスターハ2度倒セとは…

プレイヤーは二刀流の剣士となってモンスターが引き連れているコウモリを倒すバッティングゲームです。

 

プレイヤーはより多くのコウモリを倒すことを目指します。

モンスターハ2度倒セのゲーム情報
プレイ人数 2〜4人
プレイ時間 10分
対象年齢 8歳以上
デザイナー TANAX

ゲームの簡単な流れ

初めに各プレイヤーに色がついてない剣のカードから『4・5・6・7・8・10』を1枚ずつセットにして配ります。

その後、モンスターとの戦いは2つのアクションのうち1つ選んで実行します。

  1. 剣で攻撃
  2. 剣の補充

ゲームの終了と勝利

プレイヤーの人数に対応した数のモンスターと戦った後に始まる最後の戦いが終わるとゲーム終了です。

最も多くの勝利点を獲得した人の勝ちです。

各アクションの簡単な説明

剣で攻撃

各プレイヤーは同時に2枚の剣カードを出して攻撃します。

その2枚の数字の合計がモンスターカードの上に書かれている数字以上であり、最も大きい数字を出した人がモンスターを倒したことになり、モンスターカードを獲得します。

f:id:board_kuma:20200506153504j:image

モンスターの属性(色)と同じ属性(色)の剣を使った場合、2点プラスして計算するよ

また、最も数字の小さい人は剣を拾うことができます。

具体的にはそのラウンドで使われた剣の中から1枚剣の山札から1枚の合計2枚を手札に加えます。

f:id:board_kuma:20200506153523j:image

数字が被ると攻撃が無効になったり、剣を拾うことができなくなるよ

【追加の戦い】


全員が同じ数字を出した場合に追加の戦いになります。順番に剣の山札から1枚ずつ手札に加え、手札の中から1枚カードを出して競い、決着が着くまで繰り返します。

剣の補充

プレイヤーは戦いを1回パスするごとに剣の山札からカードを2枚補充できます。

全員がパスをするとそのモンスターから逃げたことになり次のモンスターが現れるよ

もし、モンスターより弱い剣を出した人パスをした人がいた場合はそのモンスターとの戦いは続きます。
f:id:board_kuma:20200506153810j:image

最も弱い剣を出した人は剣を拾うと同様に好きな剣のカードを1枚と剣の山から1枚引いて手札に加えるよ

最後の戦い

プレイヤーの人数に対応した数のモンスターと戦った後、コウモリを倒す最後の戦いが始まります。

獲得したモンスターのカードを表にしてコウモリの数を合計します。

その後、プレイヤーは手札から剣のカードを2枚出します。

そうして倒したコウモリ1匹につき、1勝利点獲得します。

もしも倒しきれなかった場合は倒せなかったコウモリ1匹につき、1勝利点減点します。

f:id:board_kuma:20200506153819j:image

感想 

短時間で手軽に出来るのがとても良いです!

バッティング系なのでカードを出すまでのハラハラ感、勝負の結果に一喜一憂したりとシンプルなルールなのに相手との読み合いなど奥が深くてとても面白いです!

ボードゲームに馴染みのない方にも楽しんでもらえると思います!

あと個人的にモンスターの絵柄がものすごく好みで遊ぶたびに幸せになります!

最後まで読んで頂きありがとうございました!