くまさんのボードゲーム日記

くまさんのボードゲーム日記

ボードゲームのルールやレビューをゆる〜く紹介していくブログです

【ゲーム紹介】Amalfi(アマルフィ)

f:id:board_kuma:20200709011528j:image

こんにちは!白井くまです!
今回は『Amalfi(アマルフィ)』を紹介したいと思います!

そもそもAmalfi(アマルフィ)とは… 

プレイヤーは15世紀イタリアの商人となって交易の成果を美術や文芸、建築へ投資したり、重要人物の力を借りて活気ある文化都市にしていくワーカープレイスメントゲームです。

 

プレイヤーは都市を発展させより多くの勝利点を獲得することを目指します。

Amalfi(アマルフィ)のゲーム情報
プレイ人数 1~4人
プレイ時間 90〜120分
対象年齢 10歳以上
デザイナー takewatch

ゲームの簡単な流れ

ラウンドでは3つのフェイズを順番に実行します。

  1. アクションフェイズ
  2. 食料フェイズ
  3. 決算・準備フェイズ

ゲームの終了と勝利条件

4ラウンド目が終了するとゲームが終了します。

勝利点の最も高い人の勝ちです。

各フェイズの簡単な説明

アクションフェイズ

手番では6つのアクションのうち1つ選んで実行します。

  1. 船コマの配置
  2. 海図カード・契約カードの獲得
  3. 造船
  4. 人物カードを場に出す
  5. アクション系の人物カードの発動
  6. パス

また、自分の手番中には3つのフリーアクションを好きなタイミング、好きな回数で実行できます。

  • 人物カードを捨てて食料を得る
  • 資源スペースまたは、海スペースの船コマを移動させて、得られるターリ分の食料を得る
  • 称号カードを獲得する

ターリとは簡単に言えば通貨のことだよ。例えば、小麦を積んでる船は1つにつき3ターリ分の価値があるよ

船コマの配置

海スペースにある船1つをメインボードまたは自分の手元にある海図カードの上に配置します。

f:id:board_kuma:20200707005625j:image

船はワーカー資源の2つの役割をもっているよ

海図カード・契約カードの獲得

海図カードや契約カードの左上に書かれた資源からターリを支払いカードを獲得します。

f:id:board_kuma:20200707005551j:image

獲得した海図カードは自分だけのアクションスペースになるよ

造船

小麦または緊急調達で得たターリを用いて自分の個人ボードの造船所から新たに船を造船します。

造船した船は本国スペースに移動し、次のラウンドから使用できます。

f:id:board_kuma:20200707005613j:image

緊急調達は海スペースから本国スペースに移動させた船1つにつき、どんな支払いにも使用できる3ターリを獲得できる最後の手段だよ

人物カードを場に出す

左上に書かれた資源からターリを支払い人物カードを場に出します。

f:id:board_kuma:20200707005647j:image

カードやアクションの効果で獲得するときはターリは支払わないで獲得するよ(ただし、追加コストがあれば支払うよ)

アクション系の人物カードの発動

自分の場にあるアクション系の人物カードを横向きにして効果を発動します。

f:id:board_kuma:20200707005703j:image

パス

何も出来ない場合はパスを行います。

パスをした以降はアクションを行うことが出来ません。

全員がパスを行ったら食料フェイズに移ります。

やれることが残っているのにパスをしないように注意してね

食料フェイズ

食料を獲得した後、食料の支払いを行います。

獲得

獲得した植民地コマの個数に等しい食料を獲得します。

支払い

自分の造船所の見えている最も大きい数字に等しい食料を支払います。

支払えない食料1つにつき3勝利点を失うよ

決算・準備フェイズ

このフェイズでは6つの処理を行います。

  • 対応するラウンドの決算カードに従って勝利点を獲得する
  • 一番右にある海図カードを公共の海図スペースに移動し、空いたスペースにカードを補充する
  • 一番右と右から2番目の契約カードを捨て札置き場に置き、空いたスペースにカードを補充する
  • 自分の船をすべて自分の海スペースに戻す
  • 使用済みのアクション系人物カードを縦向きに戻す
  • スタートプレイヤーマーカーを左隣りの人に渡す

公共の海図スペースに移動した海図カードは次のラウンドから誰でも使用できるようになるよ

得点計算

4ラウンド目が終了したら勝利点の計算を行います。

ゲーム中に獲得した勝利点に次の3つの勝利点を加えます。

  • 植民地の勝利点
  • 獲得した海図カードと契約カードに示されている勝利点
  • 自分の場のすべての終了時系人物カードの勝利点

上記の合計が最も高い人の勝ちです。

感想

船コマがワーカーと資源の二役を担っているのが新鮮でした!

後半になるにつれ、アクションが連鎖していく感じが個人的にとても好きです!

長時間ゲームでめちゃくちゃ考えるのにプレイ感が軽いので何度でもできます!

ルールはもちろん、アートワーク、船コマ、世界観、すべてが噛み合っているとても面白いゲームだと思います!

個人的にはとても大好きです!

あと、はじめての重ゲーに良さそうだな~と思いました!

最後まで読んでいただきありがとうございます!