くまさんのボードゲーム日記

くまさんのボードゲーム日記

ボードゲームのルールやレビューをゆる〜く紹介していくブログです

【ゲーム紹介】エルドラドを探して

f:id:board_kuma:20200818010639j:image

こんにちは!白井くまです!
今回は『エルドラドを探して』を紹介したいと思います!

そもそもエルドラドを探してとは… 

探検隊のリーダーとなり、南米のジャングルの奥深くに存在する、黄金都市エルドラドを目指すデッキ構築型のレースゲームです。

 

プレイヤーは誰よりも早くゴールであるエルドラドに到着することを目指します。

エルドラドを探してのゲーム情報
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 45分
対象年齢 10歳以上
デザイナー Reiner Knizia
内容物

出発地点タイル(1枚) / 地形タイル(6枚) / 小地形タイル(2枚) / ゴールタイル(1枚) / 障害タイル(6枚) / 市場ボード(1セット) / プレイヤーボード(4枚) / 探検隊コマ(8個) / 親マーカー(1枚) / 洞窟トークン(36個) / 開始時探検カード(4セット) / 市場カード(54枚)

ゲームの準備

ゲーム盤の準備

出発地点タイル」「地形タイル」「障害タイル」「ゴールタイル」を使ってマップを作ります。

f:id:board_kuma:20200818010658j:image

市場の準備

市場カード」を使って市場を作ります。

f:id:board_kuma:20200818010708j:image

プレイヤーの準備

「探検隊コマ」「プレイヤーボード」「開始時探検カード」を受け取ります。

開始時探検カードから4枚引いて手札とし、探検隊コマは出発地点に置きます。

f:id:board_kuma:20200818010813j:image

ゲームの簡単な流れ

自分の番では3つのフェイズを順番に実行します。

  1. 手札をプレイする
  2. プレイしたカードを捨てる
  3. 手札を補充する

ゲームの終了と勝利

誰かがゴールエリアに到達したラウンドでゲームが終了します。

基本は最初にゴールした人の勝ちです。

もし、複数人がゴールしていた場合は、障害タイルを多く持ってる人の勝ちだよ

各フェイズの簡単な説明

手札をプレイする

このフェイズでは2つのアクションを順番に任意で行うことが出来ます。

  1. 探検隊コマを移動させる
  2. 市場からカードを購入する

コマを移動しなくても、市場からカードを購入することも出来るよ

探検隊コマを移動させる

手札からカードを1枚ずつ好きなだけプレイして移動させることが出来ます。

しかし、移動するには2つの条件を満たしているカードを使用する必要があります。

  • 移動先のマスのアイコンと同じ種類のアイコンがある
  • 難易度(アイコンの数)と同じか、それ以上の数字がある

f:id:board_kuma:20200818012038j:image

次のカードを使うと前のカードの効果は無くなるよ

市場からカードを購入する

手札からカードをプレイして、市場からカードを1枚だけ購入することができます。

  • コインのアイコンを持つカードをプレイした場合、そのアイコン内に記されている数字分のコインを獲得する
  • コインのアイコンを持たないカードをプレイした場合、1枚につき1/2コインを獲得する

f:id:board_kuma:20200818011010j:image

購入したカードは手札ではなく、捨て山に置くよ

プレイしたカードを捨てる

まず、プレイしたカードをすべて捨てます。

その後、手札の各カードについて捨てるか、残すかを選び、残すカード以外を捨てます。

f:id:board_kuma:20200818011030j:image

手札を補充する

手札が4枚になるように補充します。

この時、山札から必要な数のカードが引けない場合は、捨て山のカードをシャッフルして新しい山札にします。

f:id:board_kuma:20200818011055j:image

感想

いち早くゴールを目指すというシンプルなゲームです!

しかし、そのためには自分のデッキを強くしていかなければならないので、どのカードを購入するかの悩みどころもあってとても面白いです!

また、マップもランダムに作成することができるので遊ぶたびに変わる展開が楽しくて、何度も出来るゲームとなっています!

ルールも複雑ではないので初心者にもオススメできるゲームです!

最後まで読んでいただきありがとうございます!