くまさんのボードゲーム日記

くまさんのボードゲーム日記

ボードゲームのルールやレビューをゆる〜く紹介していくブログです

【ゲーム紹介】三つ星動物園

f:id:board_kuma:20210524202005j:plain

こんにちは!白井くまです!
今回は『三つ星動物園』を紹介したいと思います!

そもそも三つ星動物園とは… 

動物園の経営者となって色々な種類の動物を自分の動物園に迎え入れて、収入を増やしながら理想の動物園を作っていく拡大再生産ゲームです。

 

プレイヤーは人気の動物園の証である「星」を3つ集めることを目指します。

三つ星動物園のゲーム情報
プレイ人数 2〜4人
プレイ時間 30〜60分
対象年齢 8歳以上
デザイナー Might Games
公式のルール説明はこちら

ゲームの準備

 場と各プレイヤーの準備していきます。

f:id:board_kuma:20210524202025j:plain

ゲームの簡単な流れ

手番では3つの手順を順番に行います。

さいころを振る
手番のプレイヤーはさいころ1個2個振る。
②収入フェイズ
サイコロの出目と同じ数字の自分のオリにいる動物の効果を発動する。
③購入フェイズ
手番のプレイヤーは、動物チャンスカードの3種類を1つずつ購入できる。

全プレイヤーの手番が終わったら次の季節になります。

維持コストのある動物がいたら冬の季節が終わった時に維持コストを支払うよ

これをゲームが終了するまで各プレイヤーが順番に行っていきます。 

ゾウやキリンは肉食であるライオンと同じオリで飼うことができなかったり、逆に草食動物同しは同じオリで飼うことができたりと動物の配置には制限がある

ゲームの終了と勝利

各季節が終わったタイミングで星を3つ獲得していたプレイヤーがいた場合、ゲームが終了します。

星を3つ獲得していたプレイヤーの勝ちです。

ギャラリー

お迎えできる動物たち

 

自分の動物園

 

動物の豆知識

感想

サイコロ運はありますが、どの動物をどのオリで飼うかなど考えどころもあるゲームです!

サファリパークにするか、触れ合い動物園にするかなど自分の理想の動物園を目指せるのが楽しいです!

しかし、ただ自分の理想の動物園だけを意識すれば良いだけではなく、他のプレイヤーから「動物の交換」を迫られたりと他のプレイヤーとの接点もあるのが個人的に◎でした!

また、イラストや雰囲気なども可愛い雰囲気で個人的にとても好きです!

シンプルなルールであまりボードゲームに馴染みのない方にもおすすめできるゲームです!

購入情報

最後まで読んでいただきありがとうございます!