くまさんのボードゲーム日記

くまさんのボードゲーム日記

ボードゲームのルールやレビューをゆる〜く紹介していくブログです

【ゲーム紹介】ニャーメンズ2

f:id:board_kuma:20201016174138j:plain

こんにちは!白井くまです!
今回は『ニャーメンズ2』を紹介したいと思います!

そもそもニャーメンズ2とは… 

それぞれ「ニャーメンズ」「ワンメンズ」「トリメンズ」「ブヒメンズ」となって、他チームの人質になっている自分のチームメンバーと秘宝をパワー比べをしてアジトに取り戻すカードゲームです。

 

プレイヤーはアジトをメンバーと秘宝でいっぱいにしてより多くのポイントを獲得することを目指します。

 

このゲームは“自分のチーム”のカードしか出せないないよ

ニャーメンズ2のゲーム情報
プレイ人数 2〜4人
プレイ時間 約20分
対象年齢 8歳以上
デザイナー mikedelic

内容物

チームカード(44枚) / ミニルールカード(12枚) / エンブレムカード(4枚) / スタートマーカー(1つ) / 説明書(1冊) 

ゲームの準備

各プレイヤーに「エンブレムカード(アジト)」とよく混ぜた「チームカード」を11枚ずつ裏向きで配ります。

f:id:board_kuma:20201016174059j:plain

その後、「ミニルールカード」を6枚重ねて山札として場に準備します。

ミニルールカードは1枚めくって山札の隣に置いておきます。

f:id:board_kuma:20201016174120j:plain

ゲームの簡単な流れ

ラウンドでは4つのフェイズを順番に行います。

  1. ミニルールの確認
  2. カードを出す
  3. バトル
  4. 次のラウンドの準備

ゲームの終了と勝利

5ラウンド目が終了するとゲームが終了します。

最もポイントが多い人の勝ちです。

各フェイズの簡単な説明

ミニルールの確認

準備の時にめくったミニルールカードと山札の1番上にあるミニルールカードの2枚を合わせた内容が今回のミニルールになります。

カードを出す

ミニルールで指定のある向きに自分のチームのカードを自分の前に1枚出します。

この時、自分のチームのカードが無い、または、出したくない場合は他の人に代わりに自分のチームのカードを出してもらう(ヒトジチ解放)ようにお願いします。

f:id:board_kuma:20201016174238j:plain

これを全員が自分の前にカードを2枚ずつ出すまで繰り返します。

ヒトジチ解放をお願いされたら断っちゃダメだよ

バトル

全てのカードを表向きにし、2枚のカードのパワーを合計します。

合計の数字の1番大きい人がこのラウンドに勝ちます。

f:id:board_kuma:20201016174317j:plain

ミニルールカードによってバトルのルールが変更になる場合があるから注意してね!

勝った人は出した2枚のカードを自分のアジトの上に表向きで並べます。

負けた人は出した2枚のカードを自分のアジトの脇に裏向きで重ねて置きます。

f:id:board_kuma:20201016174338j:plain

次のラウンドの準備

バトルが終了したら次のラウンドの準備をします。

  • ミニルールカードの山札から1枚めくり、現在のミニルールカードの上に重ねて置く
  • バトルの時に1番パワーが小さかった人はミニルールカードの山札の1番上のカード(ひとつ先のミニルール)をこっそり確認する
  • バトルの時に1番パワーが 大きかった人が次のスタートプレイヤーになる

f:id:board_kuma:20201016174356j:plain

得点計算

 5ラウンド目のバトルが終了したらポイントの計算を行います。

メンバーカードの合計+秘宝ポイント合計−スパイカー

上記の合計が1番大きい人の勝ちです。

感想

カードの強さ比べをするだけなのに相手にカードを出してもらったりしなきゃいけなかったして「ただカードを出すだけ」じゃないところが面白いゲームです!

また、ミニルールによって数字の小さいカードでも活躍できるのがとても嬉しいです!

スタートプレイヤーマーカーの猫駒やメンバーの名前も個性的で可愛いです!

短時間でサクッと手軽に出来て初心者にもオススメです!

最後まで読んでいただきありがとうございます!