くまさんのボードゲーム日記

くまさんのボードゲーム日記

ボードゲームのルールやレビューをゆる〜く紹介していくブログです

【ゲーム紹介】THE CREW

f:id:board_kuma:20200901201804j:plain

こんにちは!白井くまです!
今回は『THE CREW』を紹介したいと思います!

そもそもTHE CREWとは… 

宇宙飛行士となって第9惑星を探す協力系のトリックテイキングゲームです。

 

プレイヤーは協力し合い、50種類のミッションをクリアすることを目指します。

また、このゲームは「自分の手札について話すことができない」という大きな特徴があります。

THE CREWのゲーム情報
プレイ人数 3~5人(2~5人)
プレイ時間 20分
対象年齢 10歳以上
デザイナー Thomas Sing
内容物

プレイングカード(40枚:色カード36枚、ロケットカード4枚)  / リマインダーカード(5枚) / タスクカード(36枚) / タスクコマ(10個) / 無線通信コマ(5個) / 救難信号コマ(1個) / 司令官コマ(1個) 

ゲームの準備

各ミッションの初めに下記の準備をします。

  • タスクカード」を山札として準備し、タスクコマを近くに置いておきます。
  • 各プレイヤーは「プレイングカード」「無線通信コマ」「リマインダーカード」を受け取ります。

f:id:board_kuma:20200901201908j:plain

4のロケットカードを持っている人が司令官だよ

ゲームの簡単な流れ

初めにログブックから今回のミッションを確認します。

その後、ミッションで指定された数のタスクカードを山札から引いて並べます。

司令官から順番にタスクカードを1枚ずつ取ります。

f:id:board_kuma:20200901201929j:plain

タスクカードは自分が取らなければならないプレイングカードを表しているよ

その後、2つのアクションをゲームの終了条件を満たすまで順番に行います。

これをトリックといいます。

  1. カードを出す
  2. トリックの勝敗判定

ゲームの終了と勝利

ミッションのタスクを達成または失敗するとゲームが終了します。

ミッションのタスクをクリアできた場合、ゲームに勝ちます。

各アクションの簡単な説明

カードを出す

順番にカードを1枚ずつ出します。

この時、必ず最初に出されたカードと同じ種類のカードを出します。

f:id:board_kuma:20200901201953j:plain

同じ種類のカードがない場合のみ好きなカードを出せるよ

無線通信

各ミッション中に1回だけ無線通信コマを使用して、自分の手持ちのカード(ロケットカード以外)についてヒントを出すことが出来ます。

具体的にはカードの上に無線通信コマを置いて「その色の最高値のカード」「その色の唯一のカード」「その色の最低値のカード」のどれかであることを伝えます。

f:id:board_kuma:20200901202022j:plain

無線通信を使用したらヒントを出したカードがまだ残っていることを忘れないようにリマインダーカードを手札に加えます。

ヒントを出したカードがプレイされたらすぐにリマインダーカードは捨てるよ

トリックの勝敗判定

同じ種類のカードの中で1番大きな数字を出した人がトリックに勝ちます。

f:id:board_kuma:20200901202050j:plain

トリックで勝ったカードは自分のそばに置いておきます。 

ロケットカードは切り札でどのカードにも勝つよ

感想

協力型のトリックテイキングゲームってどんなんだろうと気になっていました!

全員でミッションを達成するために上手いことトリックを勝たなくてはいけないので短時間でできるのに頭をとても使うゲームだと思いました!

また、勝つだけじゃなくて、わざと負けるように勝負を運ばなきゃいけないところもあっていつもと違うベクトルで考えるのが面白かったです!

2020年のドイツ年間エキスパートゲーム大賞に選ばれたということもあり面白さにはお墨付きのゲームでとてもオススメです!

最後まで読んでいただきありがとうございます!