くまさんのボードゲーム日記

くまさんのボードゲーム日記

ボードゲームのルールやレビューをゆる〜く紹介していくブログです

【ゲーム紹介】TWO ROOMS

f:id:board_kuma:20201218185943j:plain

こんにちは!白井くまです!
今回は『TWO ROOMS』を紹介したいと思います!

そもそもTWO ROOMSとは… 

迷霧の館を漂う亡霊となり、少年たちが望む結末へ導いていく協力型の推理ゲームです。

 

プレイヤーは吸血鬼の主であるマントを倒し、失踪した少女ニーナを助けることを目指します。

TWO ROOMSのゲーム情報
プレイ人数 2人
プレイ時間 15分
対象年齢 10歳以上
デザイナー

YUTRIO

内容物

緑の部屋:上箱(1個) / 赤の部屋:下箱(1個) / キャラクターカード(15枚) / 負傷者エリアカード(1枚) / レベルカード(4枚) / サマリーシート(2枚) / ルールブック(1部) / ストーリーブック(1部)

ゲームの準備

プレイヤーは向かい合って座り、「赤い部屋」と「緑の部屋」をプレイヤーの間に並べます。

その後、挑戦するレベルを決め、対応する「レベルシート」「キャラクターカード」を準備します。

キャラクターカード」の中からニーナのカードを抜き、裏向きにして緑の部屋の中に入れます。

残りのキャラクターカードは山札として置いておき、反対側に「負傷者エリアカード」を置きます。

f:id:board_kuma:20201218190016j:plain

ゲームの簡単な流れ

まず手番プレイヤーではないプレイヤーは声をかけられるまで目を閉じます。

目を閉じたのを確認したら、手番プレイヤーは山札からカードを1枚引いて確認します。

手番に時間制限はないからゆっくり推理できるよ

その後、引いたカードを2つの部屋のうちどちらか1つに入れます。

f:id:board_kuma:20201218190033j:plain

この時、選んだ方の部屋の中にある全てのカードの能力を番号の小さい順に適用していきます。

全てのカードの能力を適用したらカードを裏向きにして部屋を閉じ、目を閉じているプレイヤーに声をかけます。

f:id:board_kuma:20201218190053j:plain

声をかける時のセリフは手番で起こった状況によって変わるよ

  • どのカードも負傷者エリアへ移動させなかった場合、「クローズ
  • マントを負傷者エリアへ移動させた場合、「エスケープ
  • マント以外のカードを負傷者エリアへ移動させた場合、「ブラッド

これを終了条件が満たされるまで交互に繰り返します。

ゲームの終了と勝利

3つのうち1つでも条件を満たした場合、ゲームが終了します。

  1. ニーナを負傷者エリアへ移動させた場合、ゲームに負ける
  2. マントを負傷者エリアへ移動させた場合、ニーナ探索フェイズへ移る
  3. 手番終了時に山札カードがない場合、ゲームに負ける

f:id:board_kuma:20201218190120j:plain

マントを負傷させた手番の終了時に山札のカードが無くなっていても、ニーナ探索フェイズに進めるよ

ニーナ探索フェイズはマントを負傷者エリアへ移動させていないプレイヤーが行います。

ニーナ探索フェイズではニーナが「緑の部屋」「赤の部屋」「山札」のどこにあるか宣言し確認します。

  • 宣言した場所にニーナがある場合、ゲームに勝ちます。
  • 宣言した場所にニーナがない場合、ゲームに負けます。

感想

何が起きているか分からないドキドキ感!

相手の手番中は目を閉じて待っているので、「誰かが負傷しているかもしれないし、もしかしたら吸血鬼を倒しているかもしれない、いや、何も起きていないかもしれない...」と、ドキドキ感が味わえます!

手番終了の掛け声で何が起きたかを推理するのもとても楽しいです!

何度でも挑戦したくなる難易度!

難易度レベル1だからといって決して簡単では無く、しっかり考えないとクリアできない所がゲームバランスがいいなと思いました!

実際、僕も5回ほどやってようやくレベル1をクリアできました(小声)

1ゲームが短く、あと少しでクリアできそうな感じがあって連続で何度も挑戦したくなります!

世界観が濃密!

キャラクターの設定が細かかったり、ストーリーブック(なんと50P以上!)がついていたりして世界観に浸れます!

ストーリーブックを読んでからゲームを遊ぶと、より深く楽しめると思います!

そしてなんと主題歌もあるというのが驚きました!こちらもYouTubeで聴けます!

ゲームだけでなく世界観の作り込みが本当にすごいと思いました!

まとめ

以上がTWO ROOMSの紹介でした!

イラストもおしゃれだったり、世界観が作り込まれていて個人的にとても好きです!

また、箱自体も部屋として使用するという発想が面白いと思いました!

ルールも簡単なのでボードゲームをあまりやったことがない方にもオススメです!

最後まで読んでいただきありがとうございます!